妊娠中はカンジタ症になりやすい?対処法と治し方は?妊娠中デリケートゾーンが痒い?その痒みはカンジタ症の可能性が!

妊娠中は様々な症状に悩まされます。
それもそのはず、今あなたの体では目まぐるしい変化がおこっています。
体の免疫力は低下、悪阻にもなり、お腹が大きくなるにつれ睡眠不足にもなるでしょう。
そんな妊娠中は通常だと感染しないような菌にまで、影響されてしまいます。
カンジタ症もそのひとつと言えます。

カンジタ症ってなに?

 

カンジタ症は性病ではなく、一種の菌です。

実はかなりの妊婦さんが感染しています。

症状は、デリケートゾーンの痒みおりものの増加です。
カンジタ症の場合、おりものはチーズ状の粘り気が多いのが特徴です。

 

こまめに下着を替えて清潔な状態を保ちましょう。
妊娠中のカンジタ症は早めに治すのを心がけてください。
それはなぜかといいますと、赤ちゃんが生まれてくるときに産道を通ります。
その時に、免疫力のない赤ちゃんはカンジタ症に感染してしまう可能性があります。

 

カンジタ症の治療の方法は、薬局で市販されているお薬がないため、掛かり付けの産婦人科または婦人科で診てもらいましょう。
妊娠していることを伝え、膣に入れる錠剤タイプ外部に塗るクリームタイプの薬があります。
赤ちゃんに影響のないお薬を処方してもらい、症状がなくなるまで繰り返し治療していきます。
また、カンジタ症は自然治癒することは難しいとされています。

 

男性にもうつってしまう可能性があるので、カンジタ症の可能性がある場合は性交渉は避けてください。
カンジタ症のときのデリケートゾーンの洗い方は、石鹸をつけずにお湯ですすぐだけにしてください。
デリケートゾーンは自浄作用があるため、石鹸は必要ありません。
逆に使用してしまうと、自浄作用の邪魔をしてしまいますので、注意が必要です。

 

カンジタ症は完治する?

 

残念ながら、完治することは難しいとされています。
カンジタ症は菌なので、また体の免疫力が低下した場合に再発してしまう可能性があります。
もし産後に再発してしまった場合は、薬局で処方してもらえるお薬が置いてあります。
病院に行かなくても、治療できる場合がありますので、一度、薬剤師にご相談ください。
またカンジタ症か判断が難しい場合は、婦人科またはレディースクリニック等でご相談ください。

コメントを残す