カンジダ症はうつるのですか?カンジダ症は性交渉で相手にうつる

カンジダ症というのは、自分で発症をしてしまう性病ですから、他人にうつるのかどうか疑問に思っている方も少なくないのではないでしょうか。実際のところどうなのかについて、説明をしていきます。

 

カンジダ症は性交渉でうつる

 

カンジダ症の原因であるカンジダ菌というのは自分の中にある常在菌ですから、
何もしなくても免疫力の低下などにより発症をしてしまいます。
カンジダ症を自己発症するほとんどが女性です。
そして実はこのカンジダ症というのは、他人にもうつるものです。
特に男性がカンジダ症にかかっていて自覚症状がないままパートナーにうつしてしまうというケースが少なくありません。
カンジダ症は基本的に自己発症であるものの、発症後に性交渉を持った相手にはうつしてしまう危険性があるという事は知っておかないといけないでしょう。

 

男性はカンジダ症はうつりにくい

 

仮に女性がカンジダ症を発症していて、その女性と性交渉を持ってしまったとしても、男性にそのカンジダ症がうつる可能性というのはあまり高くありません。
というのも、シャワーで性器を洗い流すだけでも感染を防ぐ事ができるのです。

ただし、包茎の方は多少そうではない人と比べるとカンジダ症の感染の可能性は高くなります。
なのでその点には注意が必要であると言えるでしょう。
なんにしても、やはりカンジダ症を発症しているという時には、男女ともにパートナーとの性交渉は避けた方が相手のためです。
しっかりと完治するまでは、控えるようになさってください。

カンジダ症というのは、免疫力などが落ちる事で自己発症をする性病です。
そしてそのカンジダ症を発症した状態で性交渉を持つと、相手にうつしてしまう可能性もあります。
男性から女性への感染の方が多く、女性から男性にうつるという事はあまりありません。
しかしながら、カンジダ症を発症している場合には性交渉は持たない方が良いという事は間違いありませんので、その点は覚えておきましょう。

コメントを残す