妊娠中のカンジダ症は赤ちゃんに影響がありますか?妊婦に多いカンジダ症は早めの治療が最適

カンジダとは?

カンジダは膣などの性器や口の中、皮膚などに存在している常在菌です。
体が健康なときは、害を及ぼすことはありません。
しかし、体調不良ストレスがたまり免疫力が低下すると、カンジダが増殖し、カンジダ症を発症しやすくなります。

特に妊娠中は抵抗力が下がるので、多くの妊婦さんが発症します。
カンジダ症にかかると痒みがあり不快なだけでなく、生まれてくる赤ちゃんへの影響もあるため早めに治す必要があります。

 

カンジタ膣炎の症状

  • 外陰部の赤みや腫れかゆみ
  • おりものがヨーグルト状、またはポロポロとしている
  • 通常よりも、おりものの量が多い

多くの人は、おりものの異常でカンジダ症に気がつきます。

妊娠中は特に、おりものの量や色に変化がないか、よく観察しておきましょう。

赤ちゃんに感染するカンジダ

妊婦さんがカンジダ症になってしまった場合、気になるのが赤ちゃんへの感染です。
妊娠中は、赤ちゃんは子宮で守られているため感染するわけではありません。
しかし、出産間近の妊娠後期では注意が必要です。

母親がカンジダ症にかかったまま出産してしまうと、産道にあるカンジダ菌が赤ちゃんに感染することがあります
抵抗力のない赤ちゃんが、鵞口瘡(がこうそう)という皮膚病になる可能性があるのです。
鵞口瘡にかかると、舌に白いカビが発生し、白いミルクのカスのようなものが付着します。

しかし、カンジダ症が必ず赤ちゃんに感染するというわけではありません。
もし感染したとしても、鵞口瘡はすぐに治療ができます。

出産前にカンジダ症になってもあまり神経質にならず、ゆったりとした気持ちで出産に臨みましょう。

カンジダ症の治療方法

カンジダ症の治療は、膣を洗浄して抗真菌剤を挿入します。
症状が軽い場合は、抗真菌剤の塗り薬が処方されます。
症状が重い場合は錠剤が処方されるので、自宅で毎日膣に入れましょう。

完治するまで薬を途中で止めてはいけません。
再発の原因になるのでご注意ください。

妊婦のカンジダ症は再発しやすい
妊婦さんは免疫力が低下しているため、カンジダ症が再発する可能性が十分にあります。

出来るだけ通気性の良い下着や服装を心がけましょう。
また、バランスの良い食生活十分な睡眠を取ることが大切です。
疲れたと思ったらすぐに横になり、ゆったり過ごすようにしたいものです。

コメントを残す